虫様

虫、嫌いな方は見ないでね。

 

 

畑や庭に関わっていると、いろいろな虫や動物たちと出会います。

 

 

アマガエルや小鳥、時にはシマヘビやハヤブサなんかも登場します。

 

 

昆虫については、毎年新しい発見があります。

今年は「スズメバチ」の木材かじり事件、去年の「アオムシサムライコマユバチ」

その前の「シオヤアブ」「スズメガ」や「オオルリボシヤンマ」など、初めて見るものや、新たに気付いたものまで、楽しみとなっています。

 

 

今年は、メープルロッジのハウスに大発生したアブラムシを食べ尽くしたテントウムシ軍団に感動しました。

f:id:sakuraya225:20190911224129j:image

彼らの繁殖は夏で終わり、現在は同じくアブラムシを食べる「ヒメカメノコテントウ」が繁殖しています。

 

 

 

ですが、只今うちのハウスではヨトウムシが発生し、カレンデュラが食害を受けています。

 

テデトールにも限界がきたので、有機栽培用の薬品かニームをまく予定ですが、とある虫を発見し、少し様子を見ることにしました。

 

 

カメムシなんですが、ヨトウムシを捉えてちゅーちゅーしていたのです。

 

クチブトカメムシ

 

調べたところ、ヨトウムシやイモムシを食すそうで、中国では生物農薬として使用しているとか。

 

 

 

めっちゃいいヤツだ!

 

 

写真はないです。

さすがにちょっとグロ注意になってしまいます。

 

 

好みの問題もありますが、身近な生きものを観察すると新たな発見があり、親近感が湧くかもしれません!

十勝2

発作的に神田日勝記念美術館に行っただけではございません。

 

 

本来の目的は十勝ヒルズのポタジェ見学でした。

 

 

f:id:sakuraya225:20190908173543j:image

 

f:id:sakuraya225:20190908173610j:image

 

f:id:sakuraya225:20190908173642j:image

 

f:id:sakuraya225:20190908173722j:image

 

今関わっているメープルロッジ(岩見沢のログホテル)のポタジェにちょっとした問題が発生し、何かヒントがないものか、と。

 

おかげで、参考になる事がいくつか見つかりました。

 

 

f:id:sakuraya225:20190908174045j:image

 

f:id:sakuraya225:20190908174102j:image

 

f:id:sakuraya225:20190908174121j:image

天気も良く、ガーデンも気持ちよかったです。

そして、豆好きにはたまらん、あずきソフトと、ちょっと見た事ない花豆をゲット!

 

その後は話題の真鍋庭園にある「なつぞら」のセット。

f:id:sakuraya225:20190908174413j:image

f:id:sakuraya225:20190908174435j:image

本当に献花台があってビックリ!

こういうの見ると、「あしたのジョー」に出てきた力石徹を思い出すのは昭和の世代です。

 

 

十勝は同じ北海道でも、どこか別の国のような雰囲気を醸し出し、峠を下りるとなんとも言えないわくわく感があります。

 

しかし。

 

f:id:sakuraya225:20190908174824j:image

道東道(高速道路)が通ってから、狩勝、日勝の峠の施設が無くなり少し寂しいかな。

 

更にその道東道、確か最高速度は70~80km/hのはずなのに、+‪α‬くらいで走っていたら

 

 

 

 

煽られた

 

 

道も1車線になったり2車線になったりと

 

 

 

事故多いの分かるわ😓😓

 

トンネルも多いし、退屈だし、やっぱ高速道路は苦手だな、と思ったんですが、2時間半くらいで着いたのは驚きです。

 

 

この道東道CX-3が無かったら実現しない弾丸ツアーでした。

 

十勝

 

なつぞらブームで賑わっているようです。

 

 

 

今週は主人公のなつの幼なじみの山田天陽くんが亡くなるエピソードで、毎日朝8時からの15分間涙と鼻水を垂らしなが見ております。

 

 

天陽くんのモデルとなったのは、神田日勝と言う画家です。

 

神田日勝画伯は32歳の若さでこの世を去っています。

 

そうと分かった時に、あの天陽くんもそうなのか、と確信してしまいました。

そりゃ、暗殺されると知りながらつい見てしまった「坂本龍馬」と同じです。

 

 

 

と、言うわけで発作的に十勝に行ってきました。

 

f:id:sakuraya225:20190905212327j:image

神田日勝記念美術館

前に行ったのはもう15年くらい前で、十勝の美術館巡りツーリングでした。

 

 

大地に根ざした芸術家が大好きで、見る度に心に迫るものを感じます。

f:id:sakuraya225:20190905212750j:image

馬  (絶筆・未完)

本物は撮影不可なので、パンフレットから。

 

うまく説明できないのですが、この作品に日勝さんが乗り移っているような気がします。

なので、この作品を見ると言うより、日勝さんに会いにいく感じです。

 

 

さて、なつぞらの天陽くんは、絵を完成させました。

f:id:sakuraya225:20190905213259j:image

(真鍋庭園にあります)

 

そこがちょっと救いです。

日勝さんは喜んでくれたでしょうか。

 

 

今日のドラマで弥市郎さんのセリフが

「天陽は天陽の作品になった」

 

若くして亡くなった才能溢れる方々

本人はどう思うかは分からないけど、残された者には救われたような気がします。

 

いつかまた絵が描けるようになるといいな・・・

 

 

Queenのフレディをはじめ、若くして亡くなる天才たち。

 

 

はたして、「天賦の才を与えよう、しかし命は短い」と神様に言われたら「はい」と言えるだろうか。

悩むあたりが既に「凡人」なんでしょうね。

 

 

 

 

カニ

午前中、エディブルフラワーの発送があり、市内の郵便局に走りました。

 

 

 

前を走るHONDAの軽自動車のエンブレムに何か付いてる。

 

 

 

ま、うちも着いてますが。

f:id:sakuraya225:20190901144226j:image

 

 

 

信号待ちでよく見たら

 

 

 

 

 

カニ」🦀🦀

 

 

 

 

f:id:sakuraya225:20190901145650j:image

運転していたので、写真がなくて

参考画像です。

 

 

 

 

 

かわいい💕💕

 

 

 

と言うか、ツボってしまいました。

もうHONDAのロゴがカニの甲羅にしか見えない(≧∇≦)

 

 

見かけたのは軽自動車だけど、HONDAだってシャープな車があるので、みんなカニにはならないですよね。

 

 

エンブレムのデコレーションの販売会社は日産やフォルクスワーゲンBMWなんかで広告してましたが、

 

 

 

 

高級外車にやらないよなー・・・

 

 

 

BMWやベンツが「カニ

 

 

f:id:sakuraya225:20190901164436j:image

 

 

www

 

 

 

 

ちなみに、MAZDAはあった www

 

 

 

 

f:id:sakuraya225:20190901163911j:image

 

 

 

 

煽り

いろいろな事件になっているのに無くならない煽り運転

 

 

車運転していると1度や2度は遭っていると思います。

 

 

東名高速常磐道などの事件のように、最初から嫌がらせ目的でやられるとたまったもんじゃありません。

 

 

堺で起こったバイクが煽られた挙句、わざと追突した事件は「殺人罪」となったようです。

 

 

事のきっかけは

 

 

 

「追い越されたのが気に入らなかった」

 

 

 

私も同じような理由で煽り運転された事があります。

 

 

なので、全車両(バイクも)に前後映るドラレコ導入しました。

 

 

 

もし、煽り運転をした事がある方がいましたら、何かあった時は全てあなたの責任になる事を覚えていて欲しいです。

 

 

今の時代、前後撮影されるドラレコ装着は常識です。

ナンバー、車種はおろか、顔も写ります。

そして、それを警察に提出したら、罪になるのはあなたですよ。

 

 

もうこんなブログは最後にしますね。

次からはいつものブログに戻ります。

f:id:sakuraya225:20190831212105j:image

方言

当ブログを読んで頂きありがとうございます。

 

 

さて、朝の連ドラ「なつぞら

 

北海道を舞台にしているので、出演者が北海道弁で話します。

 

 

 

ネイティブのヤスケンや音尾くんは普通に北海道のオヤジでなんも問題なく耳にはいります。

 

 

他の俳優さんも段々なじんでは来ましたが、何となく違和感があったりしました。

 

 

その中でもヤスケンのお母さん役高畑淳子さんとヤスケンの息子役の山田裕貴さんがめきめき上手になっていきました。

 

 

 

 

ヤスケンのおかげ?

 

 

 

 

したけど、わたしらが普段使う言葉がなんか少ないな、と。

 

 

 

はんかくさい(しょうがない)

 

 

あずましい(心地よい)

 

 

じょっぴんかる(鍵をかける)

 

 

~を置かさる(置く事ができる)

 

 

ゴミを「投げる」

 

 

手袋を「履く」(標準語は、はめる)

 

 

そして、電話などに出ると何故か過去形

「もしもし?〇〇でしたー」

 

 

おばんです、又は、おばんでした。

決してオバサンの自己紹介ではありません♪

こんばんは、ですね。

 

 

などなど

 

 

語尾に使う「べさ」「~しょ」もなんか違うんでないかい?

 

 

きっと他の地方の方言もドラマなんかで聞くと当地の皆さんにとっては何か「あずましくない」んでしょうね。

f:id:sakuraya225:20190822194000j:image

*写真と内容は関係ありません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

諸事情により、7月13日のブログを削除致しました。

当該の方が警察に自首した模様です。

削除したのでなんの事かは分からないと思いますが、ご報告まで。

 

 

地物

野菜や魚ではなくて

 

 

植物のお話

ちょっと真面目な話

 

 

うちのお店は一年草もありますが、主力は山野草です。

出来る限り北海道自生種、その次は日本の自生種、そして、環境に影響が出づらい宿根草を販売しています。

f:id:sakuraya225:20190818175627j:image

コンポストから生えてきたヤナギラン。

庭植え予定です。

f:id:sakuraya225:20190818175721j:image

これからうちの庭は自生種エゾノコンギクでいっぱいに!

 

 

先日出掛けた旭岳に行く途中に見た光景。

 

 

特定外来生物オオハンゴンソウの大群落。

今年は特にヒドイ。

 

 

その大群落の中にポツンとアマニュウが咲いていました。

車を運転しながら見つけたので、写真はないのですが、いまだに思い出すと泣けてきます。

 

 

 

オオハンゴンソウは他の植物の成長を抑制するアレロパシーという物質を出します。

更に、尋常ではない繁殖力で、北海道の自生種を駆逐しています。

 

 

アマニュウが

 

 

「たすけて」

 

 

と呟いているように見えました。

 

きっとあのアマニュウと一緒に、エゾクガイソウ、ヤナギラン、オミナエシ、エゾノコンギクなど、沢山の自生種がいたはずです。

 

 

 

オオハンゴンソウを駆除する事は不可能かもしれません。

これ以上増やさない方法は無いのでしょうか。

 

 

園芸に関わっている1人として、このような植物を扱わない、また、微力ながら発信するくらいしか出来ませんが、続けていこうとは思います。

 

 

また、自分の庭にはこの先北海道自生種を優先して植え続けます。

 

しかし、彼らはそんな心配をよそに、勝手に庭に生えてくる強い子です。

f:id:sakuraya225:20190818181759j:image

とうとう庭に生えたエゾタンポポ

f:id:sakuraya225:20190818182005j:image

ジャリの隙間からタチツボスミレ