身の危険を感じる棚を考える。

かれこれ20年以上使用した、安っい棚。

裏の板が腐り、外してからかなりグラつき始め、免震構造のようになっていました。

そこそこの地震にも耐えたので、免震っぽくなっていたのは確かです。

f:id:sakuraya225:20170331182415j:image

それが、だんだんピサの斜塔のように、ある角度で斜めったままで立っているのです。

左側を空気清浄機で支えていました。

隣のテレビのフチと比べるといかに斜めなのが分かります。

 

そして、この度プロバイダーを替えるに当たり、ルーターの工事が入り、配線を出すのにピサの斜塔棚をずらしたところ、そりゃぐらんぐらんに揺れるったらありゃしません。

 

このまま崩壊したら大惨事。

 

工事が終わるまで、腫れ物に触るようにそーっとして、新しく棚を購入しました。

 

 

f:id:sakuraya225:20170331183353j:image

機械いじりは夫の担当ですが、木工、DIYは私の担当です。

小一時間くらいで組み立てました。

 

f:id:sakuraya225:20170331183539j:image

だいたいコイツがジャマーに来ます。

 

f:id:sakuraya225:20170331183623j:image

棚板入れて完成。

これで何とか安心なお茶の間になりました。

 

ピサの斜塔棚は、物置で使おうかと思いましたが、外に出したとたん崩壊しました(;ω;)

長きに渡りお務めありがとうございました。

一つの物を大切に使うこと。

このマウンテンパーカー。

かれこれ20年は使っています。

f:id:sakuraya225:20170323224356j:image

USAのL.L.bean製。とりあえずゴアテックスです。

今は雪かきや外作業用でしか使いませんが、かつては山遊びや寒い時期のバイクウェアとして活躍してくれました。

 

ほとんど壊れることも無く、袖のベルクロを何回か取り替えただけです。

 

最近は使い捨てや買い替え当たり前の世の中で、ものを大事に所有しなくなっていて残念です。

 

クルマやバイクもそうです。

下取りありきな感じで買う方が多く、それを所有する事より第一条件にするようです。

 

 

 

けしからんっ!

 

 

 

非常にけしからんっ!

 

 

いや、いいんですヨ。それでも。

クルマなんか移動手段と割り切ってる方は。

 

 

でも、高いお金払って所有するわけですから、手放す事を前提に購入するなんて私的には理解不能です。

 

離婚前提で結婚するみたいな。

 

 

サンバーだって、15年20万キロ走ってまだ頑張ってます。

セローだって、20年もうすぐ10万キロ。

 

CX-3もそうする予定です。

(TRX850は人間の方がムリになってしまい、泣く泣く手放しましたが12年所有しました・・・。)

 

もう部品がありません、と言うくらい乗り続けたいです。

そうじゃなければ、手放す時は免許返納する時です。

 

 

 

ヨーロッパでは長く大切に車を乗ると税金が安くなるのに、我が国ではむしろ増税です。

 

 

 資源を大切にしなさい、と言いながら、使い捨てろと言うのです。

 

 

そんな世の中にちょっとだけ抵抗してやりたいです。

 

 

私が盆栽に感じる可能性

盆栽、と言うと年寄りくさいイメージと言うアナタ。

 

 

そのイメージが年寄りくさいっ!

 

 

喝ーっ!

 

 

そこは小さくとも大きな風景が広がっているのです。

 

 

細々説明すると、きりがありません。

 

 

ですが、冬に園芸から遠ざかる北国にこそ盆栽はとても理にかなったものなのです。

 

 

北海道では地植え出来ない植物、例えば椿、柑橘(キンズ)は真冬に花が咲き、実がなります。

それ程日光も必要なく、美しい花を愛でる事ができます。

松のような常緑樹も緑を楽しむ事ができます。

 

日本的な植物でなくても、例えば多肉植物でも盆栽仕立てで可愛らしく植えても楽しめます。

 

 

f:id:sakuraya225:20170323212228j:image

f:id:sakuraya225:20170323212320j:image

 

小さな一鉢。ご興味がありましたらよろしくおねがいします。

続きを書くのに2日も空けるとはけしからん!

帰ってきてしばらく放心状態だったのとやる事満載で今になりました。

 

 

 

新潟の視察の続きです。

 

 

本格的にエディブルフラワーを生産されている脇坂園芸さんにおじゃましました。

たくさんの花があり、収穫、点検(虫など)、パッケージを女性スタッフが手際よくこなしていました。

 

f:id:sakuraya225:20170319120314j:image

f:id:sakuraya225:20170319120335j:image

みなさんお仕事中にも関わらず、質問にも丁寧に答えていただきました。

 

そして新潟市の食育花育センターに案内していただきました。

f:id:sakuraya225:20170320085402j:image

f:id:sakuraya225:20170320085313j:image

とても素敵で、子供だけではなく、大人も楽しめる施設でした。

 

梅が咲いていたり、椿の生垣やソテツがはえていたり、北海道民には新鮮な風景が広がっていました。

 

今回は現地でたくさんの方にエスコート、サポートをしていただき、大大感謝です。

4度目(実は3度目)に行く時はまた愛車セローとフェリーでしょうか。

 

 

帰りの飛行機もJALだったのが、機体故障でいつになるか分からず、ANAに変えてもらいました。

 

 

すると、それはプロペラ機!

f:id:sakuraya225:20170320090440j:image

 

初めてのプロペラ機にワクワク!

 

のんびり飛んでいる感じでした。

 

無事に新千歳に着き、安全運転にて帰ってまいりました。

 

そして余韻に浸るひまもなく、へろへろな状態で作業が続きます。 

 

 

 

 

 

新潟は今日も晴れだった。

エディブルフラワーに関わる関係から、盛んに栽培されている新潟に視察にきました。

 

f:id:sakuraya225:20170317070840j:image

小さい飛行機ですが、ちゃんとジェット機JAL

 

 

新潟はバイクツーリングの時フェリーで何度か来てます。道路が立派だった印象です。

 

 

1日目はどのように利用されているのか、がメインでした。

f:id:sakuraya225:20170317071210j:image

 

f:id:sakuraya225:20170317071230j:image

 

f:id:sakuraya225:20170317071302j:image

洋食の方が使いやすく、見栄えも素敵です。

これを、和食やアジアンフードに使えたらもっと幅が広がりそうです。

 

JAS有機の資格があるバラの生産者さんのお話しも聞けました。

ただでさえ美しく育てるのが大変なバラを有機無農薬で生産されているのには脱帽です。

 

今日は、一般的なエディブルフラワーを生産されている所に見学にいってきます。

 

 

昨日ね雨女VS晴れ女は引き分けな天気ですが、今日は晴れ女が勝ちそうです。

クルマも好きですが野球もね。

WBCやってますが、その裏で大谷翔平はびっくりするようなHR打っていたりして。

 

 

北海道民のわたくし、当然ファイターズファンでありますが、それ以上に野球ファンです。

 

 

 

ほかのチームにもこれぞ!と言う選手がおります。

 

 

 

イチオシはカープの菊池選手。

金子誠のファンであった私の第一のポイントは、守備力。

もう、惚れ惚れしますわ。

いい選手ですねー!

 

 

その2。

ジャイアンツの小林捕手。

ぜひとも彼を大事に育ててほしいです。

きっとよいキャッチャーになると思います。

イケメンだし。

 

 

その3。

ホークス松田選手。

元気でチームメイトを引っ張るキャラクターは好感もてます。ムネリンとも違う感じですが。

 

 

その4。

ベイスターズ筒香選手。

安心して見ていられます。

 

 

あまり期待していなかった今回の侍ジャパンですが、地味に強いです。

ちょっと期待してみていきたいですね。

 

f:id:sakuraya225:20170315212823j:image

今日はひたすら雪掘りしてました。

縄文人に弟子入りしたいこの頃。

昨日は思い立って野幌森林公園にある北海道博物館に行ってきました。

(単にじゃらんに割引券付いてたから)

 

 

前に行った時より展示も変わって、更に楽しくなっていました。

 

ウェルカムナウマンゾウも健在。

マンモスさんも加わっていました。

f:id:sakuraya225:20170310131025j:image

 

小学生の頃から学校で勉強する北海道の歴史。

新たな発見もありました。

 

 

 

その中で見ていた縄文式土器やその他土器の完成度の高さに驚きました。

 

 

それに引き換え自分のナンチャッテ陶器。

縄文人が見たら指さして笑うかもしれない。

 

 

 

それでも最初に作った物よりはだいぶマシになってきました。

f:id:sakuraya225:20170310131523j:image

 

いつかはろくろ手に入れてみたいですが、手びねりでどこまで出来るかチャレンジもしてみたいです。