身の危険を感じる棚を考える。

かれこれ20年以上使用した、安っい棚。

裏の板が腐り、外してからかなりグラつき始め、免震構造のようになっていました。

そこそこの地震にも耐えたので、免震っぽくなっていたのは確かです。

f:id:sakuraya225:20170331182415j:image

それが、だんだんピサの斜塔のように、ある角度で斜めったままで立っているのです。

左側を空気清浄機で支えていました。

隣のテレビのフチと比べるといかに斜めなのが分かります。

 

そして、この度プロバイダーを替えるに当たり、ルーターの工事が入り、配線を出すのにピサの斜塔棚をずらしたところ、そりゃぐらんぐらんに揺れるったらありゃしません。

 

このまま崩壊したら大惨事。

 

工事が終わるまで、腫れ物に触るようにそーっとして、新しく棚を購入しました。

 

 

f:id:sakuraya225:20170331183353j:image

機械いじりは夫の担当ですが、木工、DIYは私の担当です。

小一時間くらいで組み立てました。

 

f:id:sakuraya225:20170331183539j:image

だいたいコイツがジャマーに来ます。

 

f:id:sakuraya225:20170331183623j:image

棚板入れて完成。

これで何とか安心なお茶の間になりました。

 

ピサの斜塔棚は、物置で使おうかと思いましたが、外に出したとたん崩壊しました(;ω;)

長きに渡りお務めありがとうございました。