雑草と言う名の草はない

と言うのは昭和天皇の名言です。

 

 

お久しぶりです。

 

 

決してネタ切れではありません。

 

 

気力と体力が切れてました。

 

 

話は戻ります。

確かに雑草と言う名前の草はありません。

ハコベとかスギナとかナズナとか・・・

 

便宜上生えていると邪魔な野草を雑草と称していると思います。

 

上記の草は一応在来種です。

中には山野草としてわざわざ育てるものもあるくらい、在来種の存亡に危機が迫ってます。

 

外来種

悪名高いセイタカアワダチソウが庭に侵入してまいりました。

f:id:sakuraya225:20170505221325j:image

更に極悪なオオハンゴンソウもそうなのですが、コイツらの何が悪なのか。

 

1.根の端っこが残っても再生する。

2.地下茎と種で増殖する。

3.ほかの植物が育たなくなるような物質を出す。

 

実はここに引越してきた時に、八重咲きハンゴンソウが植えられていて、必死になって抜き続けました。(外に持ち出すと罰則あり)

干からびさせて燃やせるゴミにだしました。

 

やや暫くセイタカアワダチソウとの戦いは続くとおもわれます。

 

 

そして厄介な草「スズメノカタビラ」

写真はありません。

撮るにはあまりにも雑草チックなので。

 

このスズメノカタビラ、ここいら辺の農家さんが「貧乏草」と言って忌み嫌っております。

 

 

 

ビンボウグサ

 

 

 

嫌な名前だ。

 

とにかく繁殖力は旺盛です。

世界中に生えているので、在来外来関係ない模様です。

 

 

私的には何が厄介なのか、と言いますと、引っこ抜くと土を大量に持って行かれるのです。

根が細かいからなんでしょう。

 

 

もう、肝心なところ以外は「芝」として生えてもらう事にしました。

 

 

だからいつまでたってもビンボウなんですかね。