村松さん

何かこの3~4日果てしなく雪が降り、雪かきしています。

本日朝の様子

f:id:sakuraya225:20171229082500j:image

f:id:sakuraya225:20171229082529j:image

石狩~当別・新篠津~月形・岩見沢のルートで毎度冬に豪雪をもたらす雪雲があります。

 

 

村松バンド」

 

石狩北部から南空知の住民に親しまれ・・・いや、恐れられている雪雲の流れです。

f:id:sakuraya225:20171229083052p:image

真ん中の筋状の雲が、村松バンドです。

元の画像にはマークつけたのですが、このブログ、そういうの反映されなくて腹立ちます。

 

気象台にいらした理学博士 村松照男氏が解明したそうです。

 

簡単に説明しますと、石狩当たりの対岸のロシア沿海州にある山脈で、丁度石狩正面に高い山があります。

寒気がその山両側を巻いて日本海に出てぶつかり、そこに多めの雪雲を発生させるらしいです。

 

悲しいかな、ロシアの山脈が無くなるか、当別当たりに2000mクラスの山脈ができない限り、この辺の豪雪は無くならないそうな(;ω;)

 

 

自然は変えられないので、人は知恵を絞ってやり過ごすしかありません。

f:id:sakuraya225:20171229084640j:image

 

さあ、また雪かきしますか。