今年も開催

2018年、第一回練り餡制作会です。

 

 

毎年一度、桜餅のシーズンに作られる練り餡。

 

 

桜餅やうぐいす餅は練り餡出なければ美味しくない、せっかく自分で育て、収穫した小豆があるのなら自分で作ろう!

はや、4年です。

 

 

f:id:sakuraya225:20180117130052j:image

我が家の大納言ちゃん。

更に、今年は白餡も!

f:id:sakuraya225:20180117130141j:image

手忙豆(てぼうまめ)白餡によく使われています。

茹でた小豆を、ひたすら漉ます。

f:id:sakuraya225:20180117130608j:image

水に晒し、上澄みを捨て、の繰り返し。

サラシで絞ります。

f:id:sakuraya225:20180117130737j:image

f:id:sakuraya225:20180117130723j:image

 

ここまでは、てまひまは掛かりますが、楽な作業です。

 

問題はここから。

 

分量の砂糖と水、塩少々を加え、強火でひたすらかき混ぜるのです。

 

いざ、勇者よ、このボルケーノに打ち勝つ者のみが、最高の練り餡を手に出来るのじゃ!

 

沸騰し、バシバシ跳ねる餡に怯まず最後まで練り上げる。

f:id:sakuraya225:20180117131305j:image

たとえ、赤子か泣こうが(赤子はいません)、ぬこが花瓶を割ろうが、電話が鳴ろうが、テレビでMAZDAのCMが流れようが、脇目も振らず、ひたすら捏ねます。

 

そして、勇者は今年も練り餡を手にしたのだった‼️

f:id:sakuraya225:20180117131650j:image

f:id:sakuraya225:20180117131702j:image

 

今年はちょっと甘いかな。

まずは、豆会のおやつに饅頭作るかな。

 

あとは、冷凍して今年のひねくれバレンタインに使うか。