やれば出来ると言われたが

早朝から日没までフル稼働し、何とかざっくり片付きました。

 

販売品目は減らして、チラシも入れず、のんきにぶらぶらしていたら、お客さんがぼちぼちやってきて

 

「今年はいつから始めるんですか?」

 

 

と尋ねられます。

 

 

調子に乗って

 

 

「土曜日からでーす!」

 

 

そりゃ大変だー!

 

 

しかし、やればできる子だった。

何とか開店にこぎつけた!

 

 

がらりと話は変わりますが・・・

 

 

うちのエゾエンゴサク、なんと増えていた!

f:id:sakuraya225:20180420231142j:image

種から発芽した模様!

 

カタクリもまた増えた!

f:id:sakuraya225:20180420231236j:image

今年発芽した若葉♡♡

 

カタクリ同様エゾエンゴサクにも物語があります。

 

種が出来るには受粉するのは皆さんご存知ですよね。

 

エゾエンゴサクの花はちょっと複雑です。

f:id:sakuraya225:20180420231507j:image

この花の奥にある雌しべに受粉させるのは、在来のエゾマルハナバチ

 

ですが、特定外来生物で大きなセイヨウオオマルハナバチは、蜜のある奥まで入ることが出来ません。

 

そこで、ヤツらは「盗蜜」と言って、花に穴を開け、そこから蜜を吸います。

蜜だけ吸って受粉はしません。

 

 

甘い汁だけ吸いやがって💢

 

 

つまり、ヤツらがはびこると、エゾエンゴサクは種を作る事ができません。

球根植物なので、分球はしますが、種の方がたくさん子孫を残せるのです。

 

 

話が長くなりましたが、我が家のエゾエンゴサクセイヨウオオマルハナバチの来襲にもめげず、ちゃんと在来のマルハナバチたちに受粉させてもらっていたのです。

 

 

自然の育みを見せてもらい、感激いたしました。

 

 

作業に忙殺されそうですが、明日からまた頑張れそうです。