十勝

 

なつぞらブームで賑わっているようです。

 

 

 

今週は主人公のなつの幼なじみの山田天陽くんが亡くなるエピソードで、毎日朝8時からの15分間涙と鼻水を垂らしなが見ております。

 

 

天陽くんのモデルとなったのは、神田日勝と言う画家です。

 

神田日勝画伯は32歳の若さでこの世を去っています。

 

そうと分かった時に、あの天陽くんもそうなのか、と確信してしまいました。

そりゃ、暗殺されると知りながらつい見てしまった「坂本龍馬」と同じです。

 

 

 

と、言うわけで発作的に十勝に行ってきました。

 

f:id:sakuraya225:20190905212327j:image

神田日勝記念美術館

前に行ったのはもう15年くらい前で、十勝の美術館巡りツーリングでした。

 

 

大地に根ざした芸術家が大好きで、見る度に心に迫るものを感じます。

f:id:sakuraya225:20190905212750j:image

馬  (絶筆・未完)

本物は撮影不可なので、パンフレットから。

 

うまく説明できないのですが、この作品に日勝さんが乗り移っているような気がします。

なので、この作品を見ると言うより、日勝さんに会いにいく感じです。

 

 

さて、なつぞらの天陽くんは、絵を完成させました。

f:id:sakuraya225:20190905213259j:image

(真鍋庭園にあります)

 

そこがちょっと救いです。

日勝さんは喜んでくれたでしょうか。

 

 

今日のドラマで弥市郎さんのセリフが

「天陽は天陽の作品になった」

 

若くして亡くなった才能溢れる方々

本人はどう思うかは分からないけど、残された者には救われたような気がします。

 

いつかまた絵が描けるようになるといいな・・・

 

 

Queenのフレディをはじめ、若くして亡くなる天才たち。

 

 

はたして、「天賦の才を与えよう、しかし命は短い」と神様に言われたら「はい」と言えるだろうか。

悩むあたりが既に「凡人」なんでしょうね。